So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

わたしの口は知恵を語る [聖書]

諸国の民よ、これを聞け
この世に住む者は皆、耳を傾けよ
人の子らはすべて
豊かな人も貧しい人も。
わたしの口は知恵を語り
わたしの心は英知を思う。
わたしは格言に耳を傾け
竪琴を奏でて謎を解く。

災いのふりかかる日
わたしを追う者の悪意に囲まれるときにも
どうして恐れることがあろうか
財宝を頼みとし、富の力を誇る者を。
神に対して、人は兄弟をも贖いえない。
神に身代金を払うことは出来ない。
魂をを贖う値は高く
とこしえに、払い終えることは出来ない。
人は永遠に生きようか。
墓穴を見ずにすむであろうか。
人が見ることは
知恵ある者も死に
無知の者、愚かな者と共に滅び
財宝を他人に残さねばならないということ。
自分の名をつけた地所を持っていても
その土の底だけが彼らのとこしえの家
代々に、彼らが住む所。

  人間は栄華の内にとどまることは出来ない。
  屠られる獣に等しい。

これが自分の力に頼る者の道
自分の口の言葉に満足する者の行く末。
陰府に置かれた羊の群れ
死が彼らを飼う。
朝になれば正しい人がその上を踏んで行き
誇り高かったその姿を陰府がむしばむ。
しかし、神はわたしたちの魂を贖い
陰府の手から取り上げてくださる。
人に富が増し、その家に名誉が加わる時も
あなたは恐れることはない。
死ぬ時には、なにも携えていくことはできず
名誉が彼の後を追って墓に下るわけでもない。
命ある間に、その魂が祝福され
幸福を人がたたえも
彼は父母の列に帰り
永遠に光を見ることはない。
 
  人間は栄華のうちに悟りを得ることはない。
  屠られる獣に等しい。
(詩編49編)
IMGP5067.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

主の慈しみ [聖書]

主よ、怒ってわたしを責めないでください
憤って懲らしめないでください。
主よ、憐れんでください。
   わたしは嘆き悲しんでいます。
主よ、癒してください、わたしの骨は恐れ
わたしの魂は恐れおののいています。
主よ、いつまでなのでしょう。

主よ、立ち帰り
  わたしの魂を助け出してください。
あなたの慈しみにふさわしく
  わたしを救ってください。
死の国に行けば、だれもあなたの名を唱えず
陰府に入れば
  だれもあなたに感謝をささげません。

わたしは嘆き疲れました。
夜ごと涙は床に溢れ、寝床に漂うほどです。
苦悩にわたしの目は衰えて行き
わたしを苦しめる者のゆえに
  老いてしまいました。

悪を行う者よ、皆わたしを離れよ。
主はわたしの泣く声を聞き
主はわたしの嘆きを聞き
主はわたしの祈りを受け入れてくださる。
(詩編6編1~10)
20177.jpg
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

主よ、お救い下さい [聖書]

主よ、お救いください。
主の慈しみに生きる人は絶え
人の子らの中から
  信仰のある人は消え去りました。
人は友に向かって偽りを言い
滑らかの唇、二心をもって話します。
主よ、すべて滅ぼしてください
  滑らかの唇と威張って語る舌を。
彼らは言います。
「舌によって力を振るおう。
自分の唇は自分のためだ。
わたしたちに主人などはいない。

主は言われます。
「虐げに苦しむ者と
呻いている貧しい者のために
今、わたしは立ち上がり
彼らがあえぎ望む救いを与えよう。」
主の仰せは清い。
土の炉で七たび錬り清めて銀。
主よ、あなたはその仰せを守り
この世からとこしえに至るまで
  わたしたちを見守ってくださいます。
(詩編12編1~8)
asagao3192.jpg

深い淵から [聖書]

深い淵から、主よ、あなたを呼びます。
主よ、この声を聞き取ってください。
嘆き祈る私の声に耳を傾けてください。

主よ、あなたが罪をすべて心に留められるなら
主よ、だれが堪え得ましょうか。
しかし、赦しはあなたのもとにあり
人はあなたを畏れ敬うのです。

わたしは主に望みをおき、
わたしの魂は望みをおき
御言葉を待ち望みます。
わたしの魂は主を待ち望みます
見張りが朝を待つにもまして
見張りが朝を待つにもまして。
(詩編130編1~6)
medaka3309.jpg

心が挫けるとき [聖書]

神よわたしの叫びを聞き
わたしの祈りに耳を傾けてください。
心が挫けるとき
地の果てからあなたを呼びます。
高くそびえる岩山の上に
  わたしを導いてください。
あなたは常にわたしの避けどころ
敵に対する力強い塔になってくださいます。
あなたの幕屋にわたしはとこしえに宿り
あなたの翼を避けどころとして隠れます。
(詩編61編1~5)
bizan177.jpg

あなたの慈しみは天に [聖書]

主よ、あなたに慈しみは天に
あなたの真実は大空に満ちている。
恵みの御業は神の山々のよう
あなたの裁きは大いなる深淵。
主よ、あなたは人をも獣をも救われる。
神よ、慈しみはいかに貴いことか。
あなたの翼の陰に人の子らは身を寄せ
あなたの家に滴る恵みに潤い
あなたの甘美な流れに渇きを癒す。
命の泉はあなたにあり
あなたの光に、わたしたちは光を見る。

あなたを知る人の上に
  慈しみが常にありますように。
心のまっすぐな人の上に
  恵みの御業が常にありますように。
(詩編36編6~11)
load6267.jpg

主に従う人 [聖書]

主は人の一歩一歩を定め
御旨にかなう道を備えてくださる。
人は倒れても、打ち捨てられるのではない。
主がその手をとってくださいます。
若い時にも老いた今も、わたしは見ていない
主に従う人が捨てられ
子孫がパンを乞うのを。
生涯、憐れんで貸し与えた人には
祝福がその子孫に及ぶ。
悪を避け、善を行えば
とこしえに、住み続けることができる。
主は正義を愛される。
主の慈しみに生きる人は見捨てられることなく
  とこしえに見守り
主に逆らう者の子孫を絶たれる。
主に従う人は地を継ぎ
いつまでも、そこに住み続ける。

主に従う人には、口に知恵の言葉があり
その舌は正義を語る。
神の教えを心に抱き
よろめくことなく歩む。
主に逆らう者は待ち構えて
主に従う人を殺そうとする。
主は御自分に従う人がその手中に陥って裁かれ
罪に定めることをお許しにならない。
主に望みを置き、主の道を守れ。
主はあなたを高く上げ
  地を継がせてくださる。
あなたは逆らう者が断たれるのを見るであろう。
主に逆らう者が横暴を極め
野生の木のよう勢いよくはびこるのを
  わたしは見た。
しかし、時がたてば彼は消えうせ
探しても、見出すことは出来ないであろう。
無垢であろうと努め、まっすぐ見ようとせよ。
平和な人には未来がある。
背くものはことごとく滅ぼされ
主に逆らう者の未来は断たれる。
主に従う人の救いは主のもとから来る
災いがふりかかるとき
  砦となってくださる方のもとから。
主は彼を助け、逃れさせてくださる。
主に逆らう者から逃れさせてくださる。
主を避けどころとする人を、主は救ってくださる。
(詩編37編、23~40)
autumn51.jpg

主を待ち望む [聖書]

主よ、わたしの魂はあなたを仰ぎ望み
わたしの神よ、あなたに依り頼みます。
どうか、わたしが恥を受けることがないように
敵が誇ることのないようにしてください。
あなたに望みを置く者はだれも
  決して恥を受けることはありません。
いたずらに人を欺く者が恥を受けるのです。
主よ、あなたの道をわたしに示し
あなたに従う道を教えてください。
あなたのまことにわたしを導いてください。
教えてください
あなたはわたしを救ってくださる神。
絶えずことなくあなたに望みを置いています。

主よ思い起こして下さい
あなたのとこしえの哀れみと慈しみを。
わたしの若い時の罪と背きを思い起こさず
慈しみ深く、御恵みのために
  主よ、わたしを御心に留めてください。
主は恵み深く正しくいまし
罪人に道を示してくださいます。
裁きをして貧しい人を導き
主の道を貧しい人に教えてくださいます。
その契約と定めを守る人にとって
主の道はすべて、慈しみとまこと。
主よ、あなたの御名のために
  罪深いわたしをお赦しください。

主を畏れる人はだれか。
主はその人に選ぶべき道を示されるであろう。
その人は恵みに満たされ宿り
子孫は地を継ぐであろう。
主を畏れる人に
  主は契約の奥儀を悟らせてくださる。
(詩編25編、1~14)
fild5715.jpg

遠く離れた神 [聖書]

わたしの神よ、わたしの神よ
なぜわたしをお見捨てになるのか。
なぜわたしを遠く離れ、救おうとせず
呻きの言葉も聞いてくださらないのか。
わたしの神よ
昼は呼び求めても答えて下さらない。
夜も、黙ることをお許しにならない。

だがあなたは、聖場にいまし
イスラエルの賛美を受ける方。
わたしたちの先祖はあなたにより頼み
より頼んで救われて来た。
助けを求めてあなたに叫び、救い出され
あなたに依り頼んで、裏切られたことはない。

わたしは虫けら、とても人とはいえない。
人間の屑、民の恥。
わたしを見る人は皆、わたしを嘲笑い
唇を突き出し、頭を振る。
「主に頼んで救ってもらうがよい。
主が愛しておられるなら
   助けてくださるだろう。」

わたしを母の胎から取り出し
その乳房にゆだねてくださったのはあなたです。
母がわたしを身ごもったときから
  わたしはあなたにすがってきました。
母の胎にある時から、あなたはわたしの神。
わたしを遠く離れないでください
苦難が近づき、
助けてくれる者はいないのです。
(詩編22編1~12)
rose66.jpg

命ある限り [聖書]

主よ、御業はいかにおびただしいことか。
あなたはすべて知恵によって成し遂げられた。
地はお造りになったものに満ちている。

同じように、海も大きく豊かで
その中を動き回る大小の物は数知れない。
船がそこに行き交い
お造りになったレビヤタンもそこに戯れる。
彼らはすべてあなたに望みをおき
ときに応じて食べ物をくださるのを待っている。
あなたがお与えになる者を彼らは集め
御手を開かれれば彼らはよい物に満ち足れる。
御顔を隠されれば彼らは恐れ
息吹を取り上げられれば彼らは息絶え
もとに塵に変える。
あなたは御自身の息を送って彼らを創造し
地の面を新たにされる。

どうか主の栄光がとこしえに続くように。
主が御自身の業を喜び祝われるように。
主が地を見渡されれば地が震え
山に触れられれば山は煙を上げる。
命ある限り、わたしは主に向かって歌い
長らえる限り、わたしは神にほめ歌をうたおう。
どうか、わたしの歌が御心にかなうように。
わたしは主によって喜び歌う。
(詩編104,24~34)
load5712.jpg
前の10件 | -